夢見た頃に/MAMI

atticTOPやねうら音楽室>夢見た頃に)

 

作詞・作曲:小島雅之 編曲:山口泰一郎 

「夢見た頃に」 Download(4.7MB) Play  

  今回作ったアルバムは、私の某先輩をネタに、ストーリー性を持たせました。 中学くらいから、卒業、恋、結婚、子育て、離婚、再会、そして娘が旅立っていく・・・といったありがちな場面を描いてみました。今回一部紹介させて頂きました「夢見た頃に」はアルバムのラスト曲で、娘が結婚を決意する場面です。大好きな曲なので、是非聴いてみてください。 
(投稿者:TSUBAME-PROJECT 小島雅之・美香)


 「夢見た頃に」

 いつか 夢見た頃に
 追いかけた夕波
 もう一度 同じ浜辺から
 ふたりで見つめていたい

 消えかかった テトラの壁に刻んだイニシャル
 もう何度も語り合った 黄昏の波際
 恋人だから当たり前と 甘えていたね
 分けてくれた優しさまで わがまま平気で言ってたわ
 お互い知らずに 傷つけあった あの頃
 今更気づいたの 愛しい気持ちに

 もしも今 願い叶うなら
 幸せの貝殻 
 もう一度 素直な気持ちで
 あなたと探してみたい

 幸せそうに寄り添う影が 残して行く足跡に
 同じ思い伝えたくて 素足を重ねてみた
 心の中で叫んでみても 声に出せない
 でも今夜は大丈夫 きっと分かり合えるはずよ
 遠く離れて 独り 挫けそうな時でも
 忘れずに 大切に 思えた人だから

 いつの日か 夢見た頃に
 送ってくれるかな
 誰よりも 誰よりも もっと
 優しい 優しい心で

 いつの日か 夢見た頃に
 運んでくれるかな
 誰よりも 誰よりも もっと
 大きな 大きな心で

 いつまでも 夢見たように
 あなたと過ごすのね
 いつの日も いつの日も ずっと
 暖かな 暖かな愛で


やねうら音楽室

atticレーベル JUNE&BRIDE