せいちゃんによるカバー曲

atticTOPやねうら音楽室>せいちゃんによるカバー曲)

「僕の声じゃ小さすぎる」

Download(5.6MB) Play
詞・曲/JUNE 編曲・演奏/JUNE&BRIDE 歌/せいちゃん

 JUNEさんの曲を唄わせて頂きました。
 力のあるいい曲です。 聴いてくださいねぇ。
 (投稿者:せいちゃん)

 

 「僕の声じゃ小さすぎる」

 今日も悲しいニュースが 新聞の一面を飾る
 急ぎすぎた 幼ない魂をただ
 悲しむのは 簡単だけど

 海や空気や緑を こんなにも汚した僕らが
 もしかしたら 大事な子供達まで
 壊しているかもしれない...

 僕の声じゃ小さすぎる 目が回るような暮らしの中で
 見えない何かに追われながら また一日が過ぎてく

 今も地球のどこかで 争いを続ける僕らが
 子供達に 命の尊さなんて
 語る資格あるだろうか...

 僕の声じゃ小さすぎる とどまること無い時間の中で
 こんなに悲しい出来事さえ 昔話になるのか

 TVゲームや雑誌が 若者に良くないと言うが
 それはみんな 僕らがつくったものさ
 自分たちのお金のため...

 僕の声じゃ小さすぎる 僕達は何か間違ってたけど
 今からでもまだ間に合うから 目をそらさずに見ようよ
 
 僕の声じゃ小さすぎる 何もできないとわかっていても
 何かをせずにはいられなくて せめてこうして歌うよ

「四角い箱の中で」

Download(6.5MB) Play
詞・曲・編曲・演奏/畑中雄生 歌/せいちゃん

 おてんとさんの曲の中で一番のお気に入りの曲なんです。
 しかし・・・むずかしいぃぃぃ(:D)┼─┤
 (投稿者:せいちゃん)

 

 「四角い箱の中で」

 窓を開けて長い時間が腐らせた 湿った空気を追い出す
 運び入れた荷物もそのままにただ一つ
 組み立てたステレオからは リー・モーガンのサイドワインダー
 ささやかな自由が動き出す予感がしていた
 一人で生きて行こうと思った 誰にも変えられたくはなかった

 擦り切れた畳と排水口の臭いの この四角い箱の中で
 自分の価値観を押しつける奴等は 誰かの請け売りだと気付かず
 ほかの奴と同じにする事が常識なんだと
 何ひとつ変わりはしないと 青い芽を摘んでいく
 あんた子供の頃 空を飛びたいと思わなかったかい
 一人で生きて行こうと思った 夢だけあればそれでよかった
 ニューヨークのパンフとカセットを散らかした 
 この四角い箱の中で

 どれ位の時間が経ったろう あれから 今僕はどこにいるのか
 あいつはどうしているのだろう 町を出て
 流されないようにしがみついてた物は石ころだったのか
 いつの間にか孤独が 信じたものを打ちのめしていく
 一人で生きて行こうと思った 誰の助けも欲しくはなかった
 無力さが壁を隠すほどに立ちこめる この四角い箱の中で

 一人で生きて行けると思った 誰の助けも要らないと思った
 一人で生きて行けると思った 誰かの温もりが欲しくなった
 一人で生きて行けると思った 一人で生きて行けると思った
 いつになれば初めに戻れるのだろうか この四角い箱の中で

 


やねうら音楽室

atticレーベル JUNE&BRIDE